管理人室 このサイトについて
茂田井武との私的な関係をすこし。

もう十年も前のことになりますが、わたしが「ちひろ美術館」の学芸員になって間もないころ、母から何の気なしに言われました。
「いつか茂田井武の展覧会をやってね」
母は、戦後すぐの児童雑誌で、茂田井武の絵と「モタイタケシ」の名を目に焼き付けていた子どもだったのです。

(わたしはと言えば、子どもの頃に出会えたのは単行本の『セロひきのゴーシュ』だけ。ずいぶん大きくなってから、『茂田井武の世界』(すばる書房)や堀内誠一さんの『絵本の世界・110人のイラストレーター』(福音館書店)で他の作品を知りました。)

母の言葉も忘れていた頃、まったくありがたいご縁があり、「茂田井武展」を担当できることになりました。
そして、それはわたしの在職中の最後の展示となりました。

(改築前の迷路のような魅力的な展示室で。今も、その展示をありありと思い描けます。)

知るほどに茂田井武が好きになり、その後フリーになってからも、書籍を出版させてもらったり、雑誌に特集記事を書かせてもらったりしました。
そして、次女の暦さんと約束していた小さなホームページを、やっとここに開くことができました。

ぼちぼちと更新していきますので、どうぞ長い目でゆっくりお楽しみください。
2004.12 管理人/広松由希子
絵本と子どもとあそびを仕事にしています。
管理人のサイトはこちら
お問合せはこちら
TOPページへ
Illustrations © Koyomi GOTO Text © Yukiko M. HIROMATSU