Travail 仕事
絵本 と 子ども と あそび の 仕事 をしています。
絵本 と 子ども と 仕事 の あそび をしている気もします。
著書

絵本
『月刊かがくのとも せいたかだいおう』(構成・文) 福音館書店 2002 ヒマラヤのふしぎな植物についての写真絵本です。(発行から二年が経過したため、ほとんど購入できなくなりました。 ご希望の方に定価+送料でお分けします。 完売しました。どうもありがとうございました)
『おかえりたまご』しまだ・しほ絵 アリス館 2008 ゆかいな“たまご”とおるすばんする女の子の話。 あやとり、おりがみ、えかきうた・・・いろんな遊び方つき。
『おめでとう』茂田井武・絵 講談社 2009 茂田井武の一枚の絵本から生まれた小さな絵本。たいせつな日の贈り物にどうぞ。
「いまむかしえほん」シリーズ
『かさじぞう』 松成真理子・絵
『ももたろう』伊藤秀男・絵
『花さかじい』堀川理万子・絵
『したきりすずめ』ささめやゆき・絵
『かちかち山』あべ弘士・絵
『うらしまたろう』飯野和好・絵
『みるなのへや』片山健・絵
『さるかに』及川賢治・絵
『わかがえりの水』スズキコージ・絵
岩崎書店 
2009-2012
NEW! 一話ずつ最高の画家さんたちにお願いした、贅沢な日本昔話絵本の新シリーズ、2009年末に創刊!
どきどきしながら続行中です・・・お楽しみに。
翻訳絵本
『かあさんあひるのたび』エリック・バトゥー・作 講談社 2010 フランスの絵本作家バトゥーの日本発絵本です。いろんな世代のお母さんたちに。
作家論
『茂田井武』 河出書房新社 2001 茂田井武のページ
『世界に誇れる日本の芸術家555』
(共著)
PHP新書 2007 絵画・版画・挿絵・絵本・イラスト・グラフィックデザイン・マンガ・写真・映画・アニメ…… 1930年から80年を中心に活躍した大衆芸術家小辞典。時代が輪切りに見えるのが面白いかも。
画集
『茂田井武美術館 記憶ノカケラ』
講談社 2008 茂田井武のページ
『ton paris』
講談社 2010 大川美術館所蔵の1930年代の画帳を全ページ表裏新撮、復刻しました。茂田井武のページ
『瀬川康男画集 いきとしいけるもの』
講談社 2011 NEW! 初期から晩年までの絵本原画のほか、タブロー・スケッチ・幻の春画も所収。
※ちひろ美術館在職中(1993-2000)に執筆・編集した本には、 画集『ちひろ美術館』(12巻)、 文庫ギャラリー 『ちひろの花ことば』『ちひろ・平和への願い』『ちひろと世界の絵本画家たち』(いずれも講談社)などがあります。
担当した展示関連では、「ちひろとローランサン・コルヴィッツ展」「八島太郎展」「瀬川康男展」「茂田井武展」などの図録やパンフレットがあります。
子どもの本紹介
『ちひろ美術館が選んだ 親子で楽しむ絵本100冊』(共著) メイツ出版 1999 現・安曇野ちひろ美術館副館長の竹迫祐子さんと、ちひろ美術館在職中に書 いたガイドブック。
『小学生が好きになる こんなに楽しい子どもの本』(共著) メイツ出版 2003 母と娘と女系3世代で作ってしまったガイドブック。
→まとりょーしかのページ(準備中)
あそびの本
『たのしい親子あそび108 あそびのポケット春夏秋冬』 主婦の友 2006 小さい子と暮らす「あそび」の日々を綴った絵話集。昔ながらの手あそびから創作あそびまで、いっぱいつまった、ちょっと変わった育児本です。絵は松井なつ代さん。

台湾版(2007)と中国版(2008)も出ました!
新聞/雑誌/TV
「読売新聞」 2010年春より第5土曜のある月に 2001年より絵本紹介の連載をさせていただいてます。2011年春まで10年間お世話になりました!
「MOE」 白泉社 毎月3日ごろ発売 2001年より「今月の新刊絵本」の連載のほか、ちょこちょこインタビュー記事なども書いてます。
「こどもMOE」 白泉社 不定期発売 NEW! 2011年創刊。本誌新刊絵本の連載のほか、webでも新連載スタート。
「すくすく子育て」 NHK出版 毎月15日ごろ発売 赤ちゃんとママのための「絵本紹介」
「あそびのポケット」は、親子のあそびを盛り込んだ絵ばなし。絵は松井なつ代さん。
※2004年3月号で3年間の連載を終了。2006年3月「あそびのポケット」は主婦の友社より単行本になりました↑
「おおきなポケット」 福音館書店 毎月頭に発売 2004年4月号から低学年向けのブックレビューを連載。
※2006年3月号で連載終了。ありがとうございました!
「イラストレーション」 玄光社 奇数月27日に発売 2007年1月号(163号)から「絵本と悦楽の日々」の連載開始。 古典から新刊まで気まぐれ絵本紹介をいたします。
※2008年5月号で連載終了。ありがとうございました!
「現代用語の基礎知識」 自由国民社 毎年秋頃発売 2008年から「絵本」のページを担当しています。
(かなり勝手な内容・・どこが基礎知識だ!? と突っ込んでください)
※季刊「銀花」(文化出版局)などで不定期に絵本作家について書いたりしています。 今までに取り上げた作家は、茂田井武、柚木沙弥郎、武井武雄、瀬川康男、まど・みちお、木葉井悦子など。
NEW! ※ときどき新聞でも絵本紹介や絵本についてのコメントをしています。読売新聞・朝日新聞・日経新聞・産經新聞・・・東スポなど。
※その他、雑誌や書籍の執筆、編集をしています。
「夢のつづき わたしの絵本」 NHK BS2/BSハイビジョン

NHK総合(ときどき再放送)
2006年4月から始まった大人が楽しむための絵本新番組。毎回絵本好きのゲストがお気に入り絵本を持って登場。 番組後半「絵本ソムリエ」という恥ずかしい名前で出演します。。。

※2007年3月でレギュラー番組は終了しました。ありがとうございました!
※ときどきテレビやラジオのお仕事もいただきます。
NEW! ※2011年2月、NHK bs2「熱中スタジアム」の「絵本」(前・後編)に出演しました。
web「くらしのたまご」 千趣会 ほぼ4週間毎に更新 2006年秋に立ち上がった楽しい暮らしのためのHP。
子どものあそびと絵本についてのコラムを連載中。

スタイルナビ→kidsのページへ 「くらたま」サイトはベルメゾン・デッセに移動しました。
web「こどもMOE」 白泉社 毎月1日頃に更新 NEW! 親子で読みたい絵本を、季節のテーマで新旧取り混ぜて紹介します。


講座/ワークショップ
板橋区立美術館 98年から、毎夏「ボローニャ国際絵本原画展」の時期に小さな子から大人までを対象に、いろいろやらせてもらってます。

2010年は「ボローニャ国際絵本原画展」の審査員をさせていただきました。

2011年夏は多方面からのゲストをお呼びして連続トーク「絵本の力」をやりました。
世田谷文学館

2003年から「文学カレッジ」の絵本講座を毎年いろんな形でやらせてもらっています。
03、04年は読み聞かせ講座、05、06年は手作り絵本講座をやりました。(各4回連続講座)
2007年3月「絵本の世界を旅する」というテーマで3回講座をしました。

三鷹ネットワーク大学 2005年から、三鷹ネットワーク大学と三鷹市の共催講座 「絵本連続講座」をコーディネート。

2008年10月はアストロノミーパブにおじゃましました。
※ その他、美術館、図書館、公民館などで、絵本やあそびをテーマにした講座やワークショップをしています。
 連続講座やイベントのコーディネートなどをすることもあります。

※2005年より2011年まで青山のピンポイントギャラリーの絵本公募展で審査員
※2006年度よりIBBYオナーリスト イラストレーション作品選考委員
※2008年度より国際アンデルセン賞 国内審査員
※2008年より「家族のきずな絵本コンテスト」(生命保険協会創立100周年記念事業)の審査員。2010年終了
※2010年、ボローニャ国際絵本原画展の審査員をしました
NEW!※2011年、ブックスタート絵本選考委員
NEW!※2011年、ブラティスラヴァ世界絵本原画展国内審査員

※ 2011年下半期(7-12月)の出没先。講演・講座・ワークショップ予定地はこちら
NEW!
6/27,7/4,7/11 ピンポイント絵本コンペ2011受賞式
7 / 4 パルシティ江東 江東区家庭教育学級 小学生と絵本
7 /23 朝日カルチャーセンター新宿 対談・絵本時評(小野明さんと)
7 /24 板橋区立美術館 連続トーク1「絵本は今 編集者の声」木村真・筒井大介・永牟田律子
7 /31 板橋区立美術館 連続トーク2「作家が考える 絵本のもつ力」なかがわちひろ・村上康成
8 /14 板橋区立美術館 連続トーク3「絵本と社会」佐々波幸子・アーサー・ビナード・松本猛
8 /19 東京ウィメンズプラザ ピンポイントギャラリー絵本講評2011(聴講可)
9/1-8 ブラティスラヴァ 世界絵本原画展会場・シンポジウムほか
10/29 小川未明文学館 (新潟) 「未明の絵本、挿絵について(仮)」
11/11-13 中津川えほんジャンボリー
12/13 立川図書館
12/14 朝日カルチャーセンター新宿 対談・この1年この10冊
2012/1/25 朝日カルチャーセンター新宿 対談・絵本時評
3/8, 15 北沢タウンホール  「大人のための絵本講座」(世田谷在住・在勤)

展示/その他プロジェクト
神沢利子展プロジェクト
(アドバイザー)
2007 年3月の「どうして?神沢利子展」を皮切りに、約1 年間をかけて、児童文学作家・神沢利子さんの世界を、三鷹市民が企画運営する展覧会やイベントなどの地域まるごとの活動で伝えていきます。
2007年7月から三鷹市内で小展示を巡回。 12-1月には三鷹市民ギャラリーで「トコトン!神沢利子展」を開催しました。
三鷹市 星と森と絵本の家
(アドバイザー)
2009年7月7日、国立天文台敷地内にオープン! 
他にはない市+民(+国)恊働、和室でゆったりくつろげる絵本の家です。
2011年度の展示テーマは「太陽」。年間展示のテーマは「七夕」を境に変わります。
アフリカ子どもの本プロジェクト 2004年秋、ケニアにエンザロ村図書館ができました。
2005-06年、「アフリカの絵本原画と児童書展」が東京・京都・滋賀を巡回。

2008年より図書展が全国各地を巡回中です。
開催地は、左記プロジェクトのサイトからご覧ください。
茂田井武関連 2007年秋、日本橋図書館で資料展示と絵本講座を同時開催。
2008年-09年「生誕100年展」が、ちひろ美術館・東京、 喜多方市美術館、安曇野ちひろ美術館、神奈川近代文学館で開催されました。

2010年4月より桐生の大川美術館で「ton paris」展開催
2010年6月 六本木のギャラリー東京バンブーで、マルシェ・モタイ開催
NEW! マルシェ・モタイは細々活動継続中。詳細はお問い合わせください。
ブラティスラヴァ世界絵本原画展
NEW! 2011年度(2012-13年巡回展)からコーディネーターとして関わります。
お問合せはこちらまでお願いします。

2012.1.7更新